地域の特性を生かした成長分野に挑戦する事業者を課税や規制の特例措置等で支援する「地域未来投資促進法」が平成29年7月31日に施行されました。

これを受け、福岡県及び県内60市町村は、同法に基づく基本計画を策定し、9月29日に国の同意を得たところです。

同基本計画に基づき地域経済牽引事業を実施する事業者は、本制度による各種支援を受けることができます。

つきましては、地域未来投資促進法の制度や基本計画の概要、事業者が作成する地域経済牽引事業計画の記載方法などについて、九州経済産業局と福岡県が合同で説明会を開催しますので、是非ご参加ください。

 

○日時

平成29年12月15日(金)13:30~15:00

 

○場所

吉塚合同庁舎801会議室(福岡市博多区吉塚本町13-50)

 

○内容

地域未来投資促進法や基本計画の概要

支援メニューについて

事業者が作成する事業計画の記載方法など

 

○対象事業

①成長ものづくり、②健康関連ビジネス、③第4次産業革命、④クリエイティブ産業

⑤次世代産業、⑥環境配慮型製品・システム関連、⑦観光関連産業、⑧農林水産・地域商社

 

○詳細・事前申込みはこちら

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/chiikimirai-seminar20171215.html

 

<お問い合わせ>

福岡県産業特区推進室 TEL092-643-3416