~非接触三次元測定機を用いた実習形式のセミナーを開催します~

 

非接触三次元測定機は、3Dデジタイザー、3Dスキャナとも呼ばれ、測定物の形状データを短時間に取得できる装置です。測定した形状データは、製品検査やCAE、リバースエンジニアリング(測定データから3D-CADデータを作成する)
に用いられています。
本セミナーでは、3Dデジタイザーの測定原理、測定事例、測定機操作実習等、今後の業務への活用の幅を広げていただくことを目的としています。
午後からは、最新動向についてもセミナー(※)を開催します。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

 

【日 時】平成29年11月17日(金)10:00~12:00

 

【場 所】福岡県工業技術センター機械電子研究所 デジタイザー室(北九州市八幡西区則松3-6-1)

 

【定 員】5名 (定員を超過した場合は別日程で追加開催を予定しています。)

 

【参加費】無料

 

【内 容】

(1)3Dデジタイザーの特徴と測定原理
(2)活用事例の紹介
(3)測定機操作実習

 

【申 込】

下記URLよりパンフレット&申込書をダウンロードしていただき、
必要事項をご記入の上、E-MailまたはFAXにてお申し込み下さい。
https://www.monodukuri-fukuoka.jp/seminar_detail.php?sem_seq=65

 

【条 件】申込に当たり下記条件がございます。

 (1)本講座は厚生労働省戦略産業雇用創造プロジェクトを活用して実施されるため、

  プロジェクトが指定する業種に属する、または、 新規参入を予定し、福岡県内に立地する

  企業の従業員が対象です。

 (2)事後調査:成果等についてアンケート調査にご協力をいただきます。

 

【締 切】平成29年11月10日(金)

 

【申込先】

福岡県工業技術センター 機械電子研究所
生産技術課 竹下,小田
TEL : 093-691-0260   FAX : 093-691-0252
E-mail : fkk@fitc.pref.fukuoka.jp

※同日午後開催「デジタイザーセミナー ~スキャンデータが作り出す新たなものづくり~」
詳細(工業技術センターホームページ):

    http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/information/information.htm